ロンペイ

記事一覧(2)

ロボットの権利能力?!

時代はどんどん進むもので、人工知能の進化は凄まじいものがあって、様々な仕事が人工知能にとって変わられるとも言われていますね。われわれ弁護士も?!そんな心配はさておき、弁護士としてふと気になったのがロボットの権利能力です。権利能力は、契約の主体になるための資格で、人間には生れながらにして権利能力が認められます。基本的に団体での活動でも何か契約する際には個人個人の契約になり、団体が契約の主体になることはないのです。しかし、会社等の大きな団体で活動することが多い中で、会社が契約の主体になれず、従業員との雇用契約、取引先との売買、請負、委任契約等の契約の主体にもなれず、会社独自の財産を所有することが出来なければ不便なのは言うまでもありません。そこで、法律上の条件を備えていれば団体にも法律上は人と同じように権利能力を認めて、契約の主体となることができ、財産を所有することもできるわけです。これを法律上の人とする法人といいます。さて、そこでです!ロボットの場合にはどうなのかと気になるわけです!これをドラえもんで考えてみます。ドラえもんが自らの意思で、500万円の車を購入して乗り回してブイブイ言わしています。ドラえもんは一括なんて無理で、ローンで払う契約にしました。しかし、ドラえもんはお小遣いでは毎月数万円も払うことはできません。さて、ドラえもんに車を売った人は誰にお金を請求することになるでしょうか?人間ではないドラえもんに権利能力はなく契約の主体にはなれず、法律上契約とは認められないので、法律上はドラえもんに代金の請求はできません。ドラえもんが任意に支払うことを同意して支払えばいいですが、裁判になった場合には認められません。そもそも訴訟能力もないので裁判の当事者にもなれません。。。では、のび太君に請求するのか?いやいや、いくら一緒に住んで、仲良くしてて、面倒見てくれてても、未来から勝手にやってきたロボットが勝手に買った車の高額な代金を払わされるなんてたまりませんし、法律上ものび太君に責任を負わせるような根拠が何もありません。ではドラえもんを購入したセワシ君が責任を負うのか?たしかにセワシ君が買って様々な身の回りの世話をさせていて、セワシ君の世話のための契約であれば、セワシ君の意思を代わりに伝えただけで、セワシ君の契約となることも考えられなくはないでしょう。しかし、ドラえもんほど自由に何かできるほどの能力があると、勝手に様々な契約を結んでしまうこともあり得ます。それなのに購入した人に全ての責任がいくのは酷な気がします。やはりドラえもんには自分で自分の責任をとって仕事をしてお金を稼いで車の代金を支払ってもらうべきなので、ドラえもんにも権利能力を与えなければなりません。そこで、ドラえもんにも権利能力を与えるために法律上は人とするため法人格を与えることが必要となります。そうするとドラえもんも登記する必要が出てきますね。司法書士さんの仕事が増えるのかな?笑これから人工知能の進化がますます進んで、様々な仕事に就いた場合、どんな仕事をするにせよ、事務用品を買ったり、仕事場を借りたり、仕入れをしたり、販売したり、様々な契約を繰り返すことになります。人工知能が人間を超える能力で判断し、仕事を進めていくための様々な契約を結ぶためには、人工知能自体が契約を結び、その責任を負うのでなければ、どのような契約を結ぶのか人工知能に判断を任せて仕事なんて怖くてできませんし、そこの重要な判断を人間が自分でするのであればそもそも何のための人工知能なのか分かりません。そうなるとやはり人工知能にも法人として権利能力を与える必要が出てくるのかなと思いました。決まったことだけをする狭い範囲でのみ能力を発揮する人工知能であればこのような議論は必要ないでしょうが、将来的に人工知能がもっと広い範囲で総合的に物事を判断するようになれば、人工知能の権利能力、法人格について議論する必要が出てくるのでしょうね。

タケコプターの法的責任?!

タケコプターと民法 ドラえもんは四次元ポケットからたくさんの道具を出して、野比のび太氏(以下,「のび太君」といいます。)を手助けしますよね。 この道具について、法律の視点でみるとどうなるか検討してみます。(※これは私個人の見解による検討であり,必ずこのような解釈になるとはかぎりません。) ドラえもんの道具はレンタルのものと買っているものがあるとのことです(ドラえもん最新秘密道具大辞典)。タケコプターをレンタルする場合の法律関係 タケコプターがレンタルであるとすると,賃貸人を未来マーケット,賃借人をドラえもんとして,賃貸借契約(民法601条)を締結し,賃料を支払い,その目的物としてタケコプターを借りて使用できることになります。 賃貸借契約を締結すると,貸主には適正に使用収益させる義務が発生します。ここで,貸主である未来マーケットは,ドラえもんに対し,タケコプターで安全に空を飛べるようにさせる義務が発生するわけです。もし壊れていたりしたらこの義務を履行することができていないということで,未来マーケットには修理,取替えの義務がありますし,未来マーケットがこれを履行しなければドラえもんはこの賃貸借契約を解除することができます(民法541条)。 もし,タケコプターの不備によって,賃借人であるドラえもんが飛んでる最中に落ちて怪我をしてしまった場合,適正に使用収益させる義務の不履行ということで,債務不履行によ損害賠償請求をすることができます(民法415条)。 これに対して,もしのび太君がタケコプターの故障により落ちてしまって怪我をしてしまった場合はどうでしょう。この場合,未来マーケットとのび太君は契約関係にはなく,お互い契約上の義務をなんら負うものではないので,ドラえもんの場合と同じようには考えられません(もし,契約内容として賃借人以外の第三者に損害を生じさせた場合にも賃借人に賠償の責任を負わせるとの規定があればこの規定に基づいて未来マーケットがのび太君に賠償しなければなりません)。 では,どうするのかというと,不法行為に基づく損害賠償請求をすることになります(民法709条)。これは,もともと何も関係のない者同士であっても他人の権利をわざとまたはうっかり,侵害してしまった場合には発生した損害を賠償する責任を負うというものです。 のび太君が,未来マーケットに対して,不法行為責任を追及して損害賠償請求をすることになります。 次に,賃借人であるドラえもんが負う義務は,賃料支払義務,用法遵守義務,原状回復義務などがあります。借りている間は独占するといってもタケコプターはあくまで未来マーケットの物なので,賃借人はタケコプターで飛ぶという用法をしっかり守って壊さないようにする用法遵守義務を負うのです。 たとえば,ドラえもんがタケコプターで氷を削ってかき氷を作ったりしたら,これは完全に用法遵守義務違反でしょう。この違反があまりにひどければ未来マーケットは契約解除をすることができる場合もあり得るでしょう。 また,賃貸借契約が終了する際に当然,ドラえもんは未来マーケットにタケコプターを返却する必要がありますが,どんな状態で返してもいいということはありません。それでもいいという規定があれば別ですが,タケコプターを借りたときの状態にして返さなければならないという原状回復義務を負います。 タケコプターでかき氷を作って調子が悪くなっていたら,直すか,修理代金を支払うよう請求することができるでしょう。 ドラえもんが未来マーケットから、タケコプターをレンタルすると以上のような法律関係となります。タケコプターを買う場合の法律関係 もし,ドラえもんが未来マーケットからタケコプターを買っていた場合は,どうなるでしょうか。この場合,売主を未来マーケットとして,買主をドラえもんとして売買契約(民法555条)を締結し,ドラえもんは代金を支払い,未来マーケットはタケコプターを引き渡す義務がそれぞれあります。 未来マーケットがドラえもんにタケコプターを引き渡した後に、すぐには見つからなかったであろう、隠れた瑕疵、普通の人ならなかなか気付かなかったであろう不備について見つかった場合、ドラえもんはお金を払ったのにタケコプターがちゃんと機能を果たしておらず、お金を払った分の価値を得られません。 この場合、未来マーケットは、修理したり、損害賠償をしなければならなくなる、瑕疵担保責任を負います(民法570条)。 タケコプターが飛ぶことができなければ、ドラえもんは未来マーケットに修理を請求することができ、それでも直してくれず買った意味がないくらいであれば契約を解除することができるわけです。 他にもいろいろな場面での法律問題はあり得ますが、とりあえず思い浮かんだことを書いてみました。せんきゅー。